シェード屋外 取り付け簡単で日よけや庭の目隠しにもなるのはコレ!

南向きのリビングって言われて入居したけど、ふたを開けてみたら南西向きで。

お昼2時を回るころから西日ガンガンなんです。

なので部屋の西日を遮るために日よけシートをつりたかったのですが、

シェードをひっかけるところがうちには無かったんです!

それを解決する、かたずけが簡単にできて屋外でも使えるタープシェード付きの突っ張り棒をみつけたのでシェアします^^

シェード 屋外用

私が今回 見つけたシェードがつるせる突っ張り棒がこちら^^

シェードをつるすところがないので、屋外シェードはあきらめて、よしず?って言うんですかね。

細い竹で出来た立てかけられる日よけを買おうかと思ったんですけど、和風すぎるしでっかいし。

しかも冬にやり場に困ると思って却下。

そして懸命に知恵をしぼってたどり着いたのがこの屋外用突っ張り棒です。

始めは近所のホームセンターで売ってる日よけと、サッシのふちにとりつけらる部品でシェードをつるそうと思ったんです。

だけどシェードの上の部分がだぶついちゃうのでかっこ悪くて。

ピーンとまっすぐシェードを貼りかったのもあって、思い切ってこれを買いました。

使おうと思ってたホームセンターのシェードと留め具は、もったいないけど実家行きです。

シェードの取り付けは簡単!

あっという間に届いたので、早速設置。

旦那さんに頼もうかとも思ったんですけど、来たらすぐつけたいじゃないですか(笑)

できなかったら諦めておとなしく主人に頼もうと思ってたんですけど、思ってたよりもぜんぜん簡単でした。

突っ張り棒は、つけたいところにおいて引っ張って伸ばし、上があったたら手元のねじを締めるだけなので私にも出来ました。

あ、あと5ミリもう少し伸ばしておいたほうが良かったかな?と思ったけど、下のとこにもばねがあるから、まわすだけでがっちり固定できました。

日よけシェードには棒が入るようになってるので、差し込んで取り付けたフックに固定するだけ。

トイレとかの壁に棚を作る突っ張り棒は一人じゃできなかったけど、これは簡単、かんたん。

余裕です。

ひとつ気を付けた方がいいのは、あらかじめちゃんとまっすぐ設置できるように、位置を決めておくことです。

適当に付けると当然ゆがみます(笑)

庭の目隠しシェードとしても大活躍

シェードをしっかりと伸ばしてはって、固定するための重しもセットでついてます。

この重しもブロックじゃあなくて、お水を中に入れルタイプなので、冬場の要らない時には水を抜けば小さくたたんでしまっておけます。

おもしのおかげでシートがきちんと固定できるから、ヒラヒラしなくて目隠しドが上がります。

柵とかに結わえて固定したら、結局角度が決められなくて下の辺が丸見えとかになっちゃったりするんですよね。

「おーい!下、見えとるやないかーい!」って突っ込まなくてよくなりました(笑)

これで外の道を歩いている人の視線を感じずに、窓を開けられる~(^^)v

突っ張り棒は、洗濯物も干せちゃいます。

日よけで目隠しになってるから、足ふきマットとかちょっとしたものを干すのに使ってます。

いやー、いいもの買っちゃいました。

この突っ張り棒、冬の日よけシェードをかたずけてる間は屋内で使えます。

部屋の中に突っ張って、洗濯ものほしにできるので超使いまわせます。

アナとかもあかないから、賃貸にはもってこいです。

さいごに

日よけシェードはいっぱいあるけど、突っ張り棒とセットとはよく考えてある商品だなーって感心しました。

見つけた私もえらいな、と(笑)

シートの上側がこんなにもピーンとできるのがあると知っていたら、ホームセンターでかわなっかたのに。

2度買いして無駄なことしてしまったのだけが悔やまれます。

巻き上げる専用の部品もついてるから、お日様を入れたいときとかは巻き上げもできるし、台風の時とかもすぐかたずけができて便利です。

頑丈なのでちょっとくらいならだしっぱでも大丈夫だし。

冬は別の用途で使えて一石二鳥だし。

おすすめです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする